茶趣傳説
ホーム → ■茶趣伝説 → ■掲盖添茶水
ライン

掲盖添茶水(お湯を下さい)
 香港や広東省を旅して、レストランや茶樓などへ食事へ行くとき、気づきませんか、茶壷(急須)の蓋を取って、口と取っ手の間に置いている風景はよく見かけます。不思議に思う方が多いようです。
 普通、最初にレストランや茶樓に入ると、服務生(ウエーター)がすぐ にお飲みになるお茶の種類を聞きに来て、その後にお茶を持って来ますね。 皆で少しずつ飲み、さあ、急須に入ってあるお茶、正確には茶湯が切れ、 茶葉だけ残ってあります。普通 日本では「すみません」とウエーターを呼 びつけて、「お湯を足して下さい」とかですね。
  香港や広東省では、茶壷(急須)の蓋を取って、口と取っ手の間に置い て置くだけで、ウエーターさんはそれを見るとすぐにお湯を足してくれるはずです。これは「お湯を足して下さい」という意味・合図です。
 何故急須の蓋を半開きにすると、お湯を足してくれという意味になるの でしょう。これは非常に面 白い由来があります。
 清の時代に、広東省の海珠北路あたり、悪者が居て、彼が自分の叔父は 国のお偉いさん(役人)である事を利用し、理不尽な事ばかりしています。ある日 悪者はバクチを打って、大負してしまいました、帰りにある茶樓を寄り、 悪智恵を働かせ、小さい鳥を急須の中に入れ、蓋をしました。
 それを知らないウエーターがお茶入れて来て、急須の蓋を開けた所、小鳥が飛び逃げて しまいました。悪者はその鳥が高価な鳥である事を主張し、店に多額の弁償を要求して来ました。
 事件の後、店側ではトラブルを防止する為、お茶やお湯を足して欲しいお客さんに、自分で急須の蓋を開けるように要求し、他の茶樓を真似たので、一気に広がるようになり、現代では、茶壷(急須)の蓋を取って、口と 取っ手の間に置いている事は、お湯を足してくれという意味に変わり、愛 用?されています。 広東省では、お茶に関する面白い話しがたくさんあります。乾隆帝からの「手指叩卓示禮」も広東省でした。また、「酒満敬人、茶満欺人」もまた広東省からです。

イメージ
このように茶壷の蓋を少しずらせば、「お湯を下さい」という合図になります。



ライン
老地方茶坊
Copyright (C) 2001 WIZARD (laodifang chafang). All Rights Reserved.