中国茶器
ホーム → ■中国茶器 → ■蓋碗いろいろ
ライン
蓋 碗(gai-wan)
   
 蓋碗、万能茶壷とも言われます。特にカサバル茶葉、例えば鳳凰單叢、岩茶、東方美人や文山包種を淹れる時に非常に使いやすい物です。但し、蓋碗で烏龍茶を淹れる時、高温の為に扱い方は茶壷より難しいので、初心者には扱いにくい場合があります。
 *お客様がいない一人でお茶を飲む時、淹れたお茶を蓋碗のままで飲む事もできます。中国の時代劇などでも登場したりします。
   
蓋碗
蓋碗
   
   

■蓋碗の使い方・持ち方:
 蓋碗が苦手や扱いにくいと言う方も多いようです。それはいざお茶を出す時に「熱〜い!」という問題ではないかと思います。緑茶は80度前後の比較的低めの温度で淹れますので、あまり問題ありませんが、青茶は殆ど沸騰湯で淹れますので、持ち方や蓋碗のデザインによっては、初心者に非常に扱い辛い物です。
 蓋碗の持ち方をアップしておきますので、参考にして下さい。
持ち方
持ち方
茶湯が出てくる反対側に湯気がでますので
注意しましょう。
広東や福建の茶荘では殆どこの持ち方で
淹れてますが、初心者には不向きです


ライン
老地方茶坊
Copyright (C) 1998-2006 WIZARD (laodifang chafang). All Rights Reserved.