中国茶器
ホーム → ■中国茶器 → ■紫砂壷 → ■蓋置・蓋枕
ライン
茶 壷(cha-hu)
 中国茶をいれる際に、欠かせない道具である茶壺は、いわゆる日本でいう急須のことです。茶壷は100ml以下の小さな物から2-300mlくらいの中サイズ、そして5-600mlと比較的大きなものまで色々なサイズ、その上さまざまな形があります。値段も茶葉同様にピンからキリまで、中国茶器の中でも最も種類が多いとされています。
  
  
  

■茶壷の使い方・持ち方:
 持ち方はこうしなければならないという決まりはありません。安全で持ちやすければ良いと思います。代表的な持ち方を紹介させて頂きますが、慣れない(或いは持ちにくいなあと感じる)方は両手を使っても問題ありません。
  
親指と中指で急須の取手を持ち、人差し指で
蓋のツマミを軽く押さえる
中指を急須の取手を通し、薬指で押さえ
親指で蓋のツマミを軽く押さえる
取手の中に入れてある中指が壷身に当たると
かなり熱いので注意しましょう。
取手の両サイトを親指と中指で押さえるのも良し。
大きい茶壺で取手も大きい場合はこの持ち
方もいい。特に男性が多い
350ml以上の壷はこの持ち方か両手で

次のページ
ライン
老地方茶坊
Copyright (C) 1998-2007 WIZARD (laodifang chafang). All Rights Reserved.