6大茶
ホーム → ■中国6大茶 → ■黄茶(huang-cha)
ライン

■黄茶:(後発酵・推積発酵)黄色い水色のお茶、代表的な物は湖南省洞庭湖産の君山銀針、四川省の蒙頂黄芽、安徽省の霍山黄芽などがあります。緑茶に似ていますが、緑茶とは別の奥の深い味わいがあります。お湯を注ぐと茶葉が浮き沈みます。中国の長編歴史小説「紅樓夢」にも登場しています。


名 称: 君山銀針
読み方: jun-shan-yin-zhen
産 地: 湖南省洞庭湖
形 状: 芽茶
品 種: 君山種(中生種)
茶 樹: 灌木型
歴 史: 清という時代から
その他:  
産地図


君山銀針

君山銀針




産地図
名 称: 霍山黄芽
読み方: huo-shan-huang-ya
産 地: 安徽省大別山
形 状: 雀舌(と例えられ)
品 種: 霍山金鶏(晩生種)
茶 樹: 灌木型
歴 史: 1971年から復活。
陸羽の茶経にも登場しましたが伝承が途絶えた(清では貢茶として)。
その他:  



名 称: 蒙頂黄芽
読み方: meng-ding-huang-ya
産 地: 四川省名山県
形 状: 扁平
品 種:  
茶 樹:  
歴 史: 西漢から
その他: 唐から清まで貢茶として
産地図

ライン
老地方茶坊
Copyright (C) 1998-2008 WIZARD (laodifang chafang). All Rights Reserved.